「明日から新番組が始まります!」

2014年4月3日 Kouzui

いよいよ、明日の12時よりFM21にて
私の新番組が始まります。

「香水里雨のオシャレな金曜日」です。

この番組では、カラーの事以外にも大好きな着物のハナシや
お芝居のハナシなどをして行きたいと思ってます。

どうか、お聴きください。

http://www.fm21.net/

    

「こちらで聴けますよっ!!」

2014年3月10日 Kouzui

お聴き逃しの方はこちらで (笑)
よろしくお願いします。

<embed src=”http://player.stickam.jp/player/mediaPlayer/182264293-ja” type=”application/x-shockwave-flash” scale=”noscale” allowFullScreen=”true” width=”320″ height=”240″ allowScriptAccess=”always”></embed>

http://www.stickam.jp/video/182264293

「明日から、FM21にて レギュラー番組 開始です!!」

2014年3月9日 Kouzui

香水里雨のレギュラー番組決定!
2014年3月より沖縄FMラジオ局FM21にて
『香水里雨の色は不思議や楽し!』が始まります。
放送日時は毎月第2・第4月曜日19時~19時55分(第4月曜日は再放送)です。

今まで、FM21にゲストで出していましたが、
私の番組が始まります!!

色彩心理について、電波に載せたい!とお声をかけて頂き
実現しました。

大変、ありがたいことです。
最初はちょっと、お聴きぐるしい点もあるかと思いますが、
応援お願いいたします。

頑張ります!!

 

「ブログマスコットのゲンちゃんが・・・・」

2014年3月7日 Kouzui

このブログのマスコットで、影の進行役だったゲンちゃんが
今年の1月10日に永眠しました。
前の晩も元気にご飯食べてました。
ネコはみんなとても、可愛いのですが
特別なネコ が存在します。
ゲンちゃんが、その特別なネコでした。

15前の雪の降り出しそうな寒い日に、駅の近くで鳴いてました。
その時もう成猫で推定3歳。
ひと目見た時から、惹かれて我が家に。
最初は、控え目でしたが、慣れると先住猫のボスになりました。

ゲンちゃんの特技は、前脚で容器からお茶などの飲み物をすくって
飲むこと!!
餡子や海苔、お団子 鰻 お肉が大好き。
きっと、カラダには悪いだろうけど
好きなものを食べさせました。
そして、おもてなしニャンでした。

いつもお客さまのお相手をし、またはケーキのお相伴に預かってました。
母や叔母が泊まりに来ると、必ず添い寝してました。
ゲンちゃんなりのおもてなしのようでした。

松の内も過ぎ、そっと逝ってしまう・・・ 最後の瞬間も見せずに・・・・
最後まで、賢いゲンちゃんでした。

人気モノのゲンちゃんには、お花やケーキがたくさん届きました。

私は、なかなか立ち直れず、ほとんど白やピンクベージュなどの色しか
手にとらず、とても赤やオレンジなどのポジティブな色はダメでした。
じっと、そうした色で気持ちをクリーニングし癒して
四十九日迎え、やっと色味のあるモノに眼が行くようになりました。

ゲンちゃんは、このブログの永遠のマスコットです。
星になったゲンちゃんと、前を向いて歩んで行こうと思います。

    

       

      

「色の組合せに診る心理状態その2」2

2014年1月15日 Kouzui

http://www.stickam.jp/video/182190961

番組内容 その2

香水 金と銀は組合せでなく、金 銀 単色でみます。
では、上間さん、金と銀どちらが好きですか?
縁起がいいから金というのでなく、好きか嫌いで答えてくださいね。
どちらも、あまり好きでなければそのお答えでも結構です。
どちらも好きではない!というのも重要なんですよ。

上間金です!!

香水 そうですか。金ですね。
あの女性はアクセサリーに使う色なので、たいていの方が
どちらかをハッキリと答えますね。
金と銀が特に大好きな人は、ひらたく言うと
「自分を特別だと意識している」ということなんです。
だから、女性はほとんどの人が
「自分を特別だと思っている」んですね。(笑)
ここで重要なのは、この色のどちらかが好きではなくて、
絶対にこの色が一番というくらい好きかということなのです。
なぜ、この色が特別という意味をもつかと言うと、
この2色は天下取りの色。世直しの色だからなんです。
世の中を変えたい、よくしたいという心持ですね。
まず、金が大好きな人。上間さんですね。
これはマスに対して、マスというのはマスコミとか
マスゲームと言う様に集団・群集。大衆という意味ですけど。
このマスに対して改革したいという意欲のある人。
使命感のある人です。
たとえば政治家とか、経営者に多いですね。

では、銀はと言うと、
これは個に対して。パーソナルに対しての使命感ですね。
たとえばカウンセラーとか、トレーナーとか個人に向き合う人。

 上間 そういう色だったんですね。

香水 だから、王様や皇帝の被り物は金色でしょ。
色彩の知識がなくても、無意識のうちにそういう色を
使ってるんですよね。まぁ、金が高価だということもありますが。

香水 では、もう少し組合せのハナシをしましょうか?
黒とグリーンの組合せについて。
この色の組合せはどうですか?

上間 
あまり、好きじゃないです。

香水 この組合せは、規則・原則ということが基本にあります。
ルールを重んじるとか、徹底さとかですね。堅実とか。
あとは伝統芸能とか伝統工芸のお家の方に好まれる方が
多いですね。
自分にも他者にも厳しい。
カウンセリングをする場合は、この組合せに固執される方は
子供の頃に厳しく育てられたとか親の締め付けが
キツかったとか、稀に虐待を受けた可能性もあるので、
特に気をつけてます。
甘えるのがヘタな人にも多いですね。
この組合せが好きなお姑さんだと苦労するかも。

香水 あと、堅実ですから貯蓄家が多いですね。
無駄使いしない。浪費家ではないですね。
私は浪費家なんで、この組合せはないですね。
バックも靴も、いくつあっても欲しいし。(笑)

香水 ではもう一つ。
黒と紫の組合せこれは、クリエイティビティの方に多いです。
自分の美意識が確立されていて、さらに自分の美意識に
埋もれていたい。孤高で知能犯です。
前に出ないで、一歩下がって魅力を感じさせる。
色彩心理界の壇蜜的に言うと女性なら、魔性の女。
ブラックな魅力を持つというカンジかな。病み付きになる魅力。

香水 色の効能のスゴイところは、
知識を知らなくても自分で感じてる場合が
あるというコトなんですね。
色からのイメージがそのまま意味を持つんですよね。
人ってスゴイですよね。自ら叡智をつかさどって。

上間 他に色にまつわるお話、ありますか?

香水 「色聴」ってご存知ですか? 色を聴くというコトですが。
音によって受ける刺激、音によって色を感じることです。
この「音と色」の関係を使うとさまざまな効果を得ることが
できます。たとえば優しく、ゆったりとした旋律の曲は、
紫や青など心を癒す色を感じることができます。
疲れが溜まったときなどはベッドに横になり、
優しい旋律の曲をかけて紫や青などの寒色系を
イメージすると、心と身体が癒されるはずです。
またさわやかで鳥が羽ばたくようなイメージの音楽は、
明るい青を連想させ効果的です。

リズム感のあるサウンドは、赤や薄い緑を連想させ、
目覚めをよくしますし、アップテンポの曲はオレンジや
黄色をイメージさせますので、エネルギーが沸きます。

このように、一見何の関係もないような「音と色」が、
人間の心理に関わるかを知ると、効果的に使うことによって
、心や身体に大きな影響を与えてくれるんですよ。

 上間 色の世界は深いですねぇ。

香水
 最初に血圧のお話をしたように、
皮膚も色を感じています。
私たちは普段、色は『目』で見て識別していると
思っていますが、実は目だけでなく、皮膚でも感じてるんです。
色は元々、光の反射や、水などを通過して
屈折したものなんです。

色の違いは光の波長の違いであり、
光の元は太陽光線なんですよ。
ですから、皮膚が太陽の光を感じるように、
色も感じられるのです。

白は太陽の光に一番近い性質を持っているんですよ。
太陽の光と同じ特性を持っているため、
自律神経を活性化させるという効果があります。
ですから風邪をひいた時などは、
下着など真っ白なものを着用すると、発汗作用を
促し回復を早めるパワーがあるのです。

上間 今後のご予定は?

香水 前回もお話しましたが、介護されている方のケアから
介護している方へのケアに少しづつ、シフトチェンジして
いこうと思ってます。
あと、嬉しいことに電子出版の企画のお話を頂いていて。
出版って凄く時間かかるんですよね。
とまどいもあります。テレビの番組だったら段取りも
わかってるんですけど。まずは、編集者の方と
どいう内容のコトが書けるのかを書き出して打ち合わせて。
そこから編集者の方が組み立ててくれて。
今は、どういうコトが書けるのかをリストアップしている状態。
じっくりとやっていきたいと思ってます。

まずは、来年に登る山が決まったってカンジですかね。
その山の頂を目指して頑張るということです。
何年もかかるかもしれないけど。

私達の暮らしの中で、色のない世界はありません。
どうかみなさん、色のパワーを感じてそのパワーをうまく使って、
心ゆたかなにお過ごしください。